プラセンタの美白効果

プラセンタの主な効果・効能

プラセンタの「美白効果がすごい!」として注目されています。

プラセンタの美白効果について
プラセンタのどのような成分に美白効果があるのか、どのようにして美白効果を実感することができるのかなど、プラセンタが持つ美白効果のメカニズムをご紹介します。

プラセンタに美白効果があるということはご存知の方も多くいらっしゃるのではないかと思うのですが
プラセンタが美白成分として厚生労働省から認可されているということについてはご存知でしょうか。

プラセンタは、厚生労働省からも認可されるほどの美白効果を期待することのできる成分だということがわかります。

 

プラセンタの持つ美白効果には大きく3つのポイントがあります。

(1)メラニン色素を薄くするという美白効果
この効果は、すでに肌に作られてしまっているメラニンの色素を薄くするという効果です。
プラセンタの持つ抗酸化作用によってメラニンの色素を薄くし、美肌効果を得ることができます。

(2)メラニンの合成を阻害するという美白効果
肌がくすんでしまったりシミができてしまうのは、メラノサイトによってメラニンが生成されるのが原因です。
プラセンタには、そのメラニンを作っている工程を阻害する効果があり、肌に美白効果をもたらします。

(3)メラニンの排出を促進するという美白効果
すでに肌に作られてしまったメラニンの色素に対しての効果なのですが、メラニンを排出することで新しい肌を作り出します。
プラセンタには新陳代謝を高める効果があり、その効果が新しい肌を作り出しています。

 

このようにメラニンの色素を薄くしたり、新しい肌を作り出す効果のあるプラセンタなのですが
プラセンタの持つ抗酸化作用によって肌の老化を防ぐ「アンチエイジング効果」を得ることによって美肌を保つことが可能です。

肌が酸化するということは錆び付くということで、酸化が進むとどんどん肌は老化してしまいます。

肌の老化を防ぐためにも若々しい肌を保つためにもプラセンタのアンチエイジング効果はとても期待の高い成分です。