プラセンタ原液とは?

プラセンタ原液とは?

ドラッグストアなどでも手軽に購入することができるとして
プラセンタドリンクやプラセンタサプリメントが多くの方に愛用されているのですが
「プラセンタ原液」を選ぶ方も増えてきています。

プラセンタ原液には「生原液」と「加熱処理原液」の2種類があるのですが
プラセンタ原液を選ぶ際には「生原液」を選ばれることをオススメします。

加熱処理原液は加熱処理をすることによって殺菌がなされているのですが
加熱処理をされていない生原液はどのようにして殺菌がなされているのかということや
生原液だからこそ得ることのできる栄養素や効果などをご紹介します。

プラセンタ原液を選ぶ際にオススメの生原液には栄養素が豊富に含まれているのですが
加熱処理を行うことによってその豊富な栄養素が失われてしまいます。

加熱処理を行うことでプラセンタ本来の価値も大きく失われていまうことになるのです。

プラセンタを加熱処理したからといって全ての栄養素が失われてしまうわけではありませんが
「生原液」だからこそ得ることのできる成分を2つご紹介します。

【生原液だからこそ得ることのできる美容成分“ビタミンC”】

ビタミンCが熱に弱いということをご存知でしょうか。

ビタミンCは熱に弱いというだけではなく、水や空気に触れてしまうことでも壊れてしまうとても繊細な成分です。

美容にも欠かすことのできないヒアルロン酸やコラーゲンを生成するためにも必要な成分ですが
ビタミンCがあることで体内で生成することができるのです。

生原液のプラセンタを摂取することでビタミンCをたっぷりと取り入れ、肌のアンチエイジング効果や美白効果を得ることが可能です。

【生原液だからこそ得ることのできる成長因子“ペプチド”】

ペプチドという成長因子は、プラセンタの持つ最も魅力的な栄養素と言っても過言ではありません。

このペプチドという栄養素は加熱処理を行うことでほとんど失われてしまいます。

加熱処理が行われ、ペプチドを失ってしまったプラセンタは効果もほとんど感じることができなくなってしまいますので
プラセンタの効果を十分に得られない可能性があります。