プラセンタの原料とは?

プラセンタの原料とは?

美容や健康のためにプラセンタを摂取されている方やこれから摂取したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

プラセンタを配合した商品はとても豊富にありますから、その中から良い商品を選ぶことはとても難しいものでもあります。

摂取するのであれば良質なプラセンタを摂取したいものですよね。

プラセンタを選ぶ際には原料にも注目してみて欲しいのですが
どのような原料があるのか、それぞれの原料の良い点や悪い点など詳しくご紹介します。

 

 

プラセンタの原料は「動物性」「植物性」「海洋性」の3つの原料があります。

動物性のプラセンタは「馬」「豚」「人(ヒト)」
植物性のプラセンタは「麦」
海洋性のプラセンタは「サーモン」などから抽出しています。

【植物性プラセンタについて】

植物性のプラセンタの良い点は「安全性に優れている」ということです。

植物性のプラセンタには「病原体汚染」や「残留ホルモン」などの危険性がないため、より安心して摂取することが可能です。

植物性のプラセンタには、あまり高い効果は期待できないというデメリットもあります。
効き目がとても緩やかであることが原因とされていますが、植物性のプラセンタは若い年齢の方ほど効果が得やすいことでも知られています。

 

【海洋性プラセンタについて】

海洋性のプラセンタを摂取する際に注意したいことは「海洋汚染」です。

日本人は海外の人と比べると、とても魚介類を多く食べていますが、水銀汚染はトップレベルだと言われています。

海洋性のプラセンタを摂取する場合には、そのプラセンタを抽出したサーモンなどの海洋物が生息していた海域がポイントになります。

海洋汚染されている場所に生息しているものは避けましょう。

【動物性プラセンタについて】

プラセンタの原料とは?

最も人間に近いとされている「豚プラセンタ」がオススメです。

豚プラセンタが人間と相性が良いということは学術的にも証明され、認められています。

日本には馬プラセンタを使用したサプリメントやドリンクなども多くありますが
馬プラセンタは、人間に対しての効果が強すぎるというデメリットがあります。

動物性のプラセンタを摂取するのであれば
価格も安く相性の良い豚プラセンタがオススメです。