プラセンタを注射と点滴で摂取する方法

プラセンタを注射と点滴で摂取する方法

プラセンタを摂取する方法はたくさんあるのですが、効果の即効性を優先したいのであれば
「皮下注射」や「静脈注射」で摂取することがオススメです。

化粧品に使用されているプラセンタは、馬や豚などから採取したプラセンタを使用しているものが多いのですが、 皮下注射や静脈注射で使用されているプラセンタは「ヒトプラセンタ」と言い、人のプラセンタです。

ヒトプラセンタというのは、赤ちゃんの胎盤から抽出されるものなのですが、このプラセンタは医療用としてのみ許可されているものです。

医療用のプラセンタとしてどのように使用されているのかといいますと
「更年期障害」や「肝機能障害」などの治療用として使用されており、保険が適用されています。

障害や病気などの治療用として使用する場合は保険が適用されるのですが
美容用として使用する場合には保険は適用されません。

更年期障害や肝機能障害の治療用としてヒトプラセンタを摂取していた方は
シミ・シワが薄くなった、肌が若返った、などの美容効果も実感されています。

プラセンタは、「肩こり」や「膝の痛み」の治療用としても使用されているのですが
「筋肉注射」や「ツボに注射する」という方法があります。

ツボにプラセンタを注射することで膝の痛みが軽減するという効果があります。


プラセンタは、サプリメントやドリンクなど手軽に購入できるものも多く販売されているのですが
効果を実感できるまでにはとても時間がかかります。

効果を実感するまで摂取し続ける必要がありますし、即効性はありません。

即効性を重視したいのであれば短期間で効果を得ることのできる注射がオススメなんです。

注射で摂取する場合、5分ほどで効果が現れます。

注射以外にも点滴で摂取する方法もあり、この方法では体内に効率良くプラセンタを取り込むことができます。

点滴の場合、注射と違って摂取するのに時間がかかりますが、全身にプラセンタの栄養を行き渡らせることが可能な方法です。

点滴でプラセンタを摂取することで免疫力を高める効果や疲労を回復させる効果を得ることができます。